墓石、墓地のお話

知っておきたいお墓の知識
   
 
 
 
 
 
 
 
   


 
お墓を入手する契約は
一般に「お墓を買う」と言いますが、法律的には墓地の経営主体(霊園や寺院)との契約によりお墓の永代使用権を取得するということになります。
また、墓地には一般に管理規定が定められており、それにはお墓に関して使用者の資格・使用の目的・使用が取り消される場合・管理費や墓地施設の利用に関する事項などが規定されています。
墓石の購入は石材店との売買契約となりますので、墓石は購入した人の所有になります。

 
お墓への納骨手続きは
人が死亡した時は、同属の親族などの届出義務者が、市長村 長に対し、死亡診断書または死体検案書を添えて死亡属を行 います。この届出は、死亡地または死亡者本人の本籍地、ま たは属出人の所在地で行うことができます。火葬を行う場台 には、市長村長に火葬許可証をもらう必要があり、その申請書と死亡属を一緒に出すのが−般的です。火葬許可証を火葬 場に交付して火葬をしてもらい、火葬が終ると火葬場から火葬許可証の返還を受け、これ霊園や寺院墓地の管理者に交付して遺骨を納骨して もらいます。胎児であっても、死産した胎児が妊娠4ケ月以上であった場含には、生きてい た人の死亡と同犠に扱われ、火葬については市長村長の許可が必要です。

お墓の承継は
お墓の持ち主が死亡した場合は、お墓の引き継ぎの問題が生 じます。お墓の場合、一般の相続財崖とは別個の「祭財産」 とされ、特別な定めがあります。お墓の場合は、まず第一に、 亡くなった人(以下「被相続人」)が指定していた人が承継人となります。この指定は、遺言書でも、生前の口頭による指定 でもかまいません。被相続人による指定がない場合には、慣習に従ってお墓の承継人が決定されます。

 
お墓と税金は
お墓は取得しても不動産税や固定資産税、都市計画税はかかりません。また、お墓の使用権が相続されてた場合も、相続税はかかりません。
寿陵(生前墓)の場合
亡くなった後に、遺族が相続財産の中からお墓を造ると、遺族の方は相続財産から相続税を支払った上で、お墓の費用を出すことになります。寿陵の場合は、亡くなる前にお墓を造っていますので、相続財産は減り、お墓には相続税がかからず遺族の方の負担が軽減されることになります。

墓地の広さは
墓地の広さは、お寺や宗教法人の墓地での一聖地(=90センチ四方)と、市や府県などの公営墓地での1平方メートルとの、二つの単位で現されます。
墓地の広さは、特に指定がない限り何聖地にしようが自由ですが、実際には、墓石の大きさとのバランスや、予算などで広さを決めることになります。

 
お彼岸にはどのような意味があるの
この世の「批岸」に対して、あの世の「彼岸」といいます。お彼岸は、この世にいる家族がお墓に手を合わせ、あの世の近親者に心を通わせる大切な行事です。また、お彼岸は農耕民族であり四季のはっきりした国に住み、厚い仏教信仰と祖先を尊ぶ日本人の知恵が生んだ行事なのです。

墓石の掃除で注意することは
鏡面のように麿かれた御影石は、ガラスの表面のように見えますが、表面には無数の隙間があり、吸水します。
洗剤を使用する場含は、酸の強いものやワックスなどを避け、中性のものを使います。
夕ワシもやわらかいものを便用して、硬い金属性のものは避けてください.

 
お墓を買うときの注意点は
墓石は、長い時間をかけて切った後、磨いたり彫刻します。しかし、素材が石ですから一度加工したら簡単に修正することができません。そのため、必ず金額、加工、支払条件、付属品などを明記した「墓石工事契約書」を文書で交わします。建立後の保証についても大切な項目なので、確認します。

お墓の正しい造り方(建て方)はあるの

従来の慣習にとらわれることなく、現代的なお墓の意義 をつくりだして行くことの方が大切です。例えば、お墓 を亡き人との出会いや対話の場所考えるのは素帽らし い意味付けです。また、核家族化している現代で唯一、先祖のこと、亡くなった祖父母のことを家族で語り合え る場所とするのも、大いに意義のあることです。ですから、気持ちを込めて、あなたらしいお墓を建てることが できれば、それは最も「正しいお墓の建て方」といえます。お墓の形や色、方角などをどうするかといったこと は、その後の問題でしょう。


 
お墓はいつ建てるのがいいのか
普通一般には年回(一周忌・三回忌・七回忌など)を選ばれています。また、お盆や春秋のお彼岸、四十九日家百ケ日、あるいは祥月命日(故人の亡くなった月日と一致する命日)なども良い日であるといわれます。が、日の良し悪しよりもなるべく早い時期が良いでしょう。

お墓を移転(改葬)するときは
改葬の際には、各種の書類上の手続きが必要です。改葬時には墓石をそのまま移す場合も、新しい墓石に換える場合も、お寺さんにお願いして魂抜きの供養をおこないます。

 
お墓を建て直すときは
お寺さんに来ていただいて、古い墓石のお魂抜きの法要をします。そのうえで新しい墓石をつけて開眼法要をおこない、お魂しい入れをします。

生前にお墓を作れるの
生前に建てるお墓のことを寿陵といいます。
日本には古くからこの習慣があり、聖徳太子が自ら墓所を築いたのは有名な話です。
このように生前に自らの墓を建てることにより、一家の繁栄と長寿を招くもので縁起がよいと言われています。
最近ではますます増える傾向にあります。

 
墓石を建てる前に準備するものは
故人の戒名と俗名
死亡年月日
死亡時の年齢
家紋(あれば)
施主
建立年月日の設定
印鑑
墓地の略図
などです。

お墓のカタチに決まりはあるの
お墓は来世の自分の家でもあります。立てる人の感性や価値観に合った、その人らしいデザインの墓石も構いません。例えば現代墓のような墓石は、単なる造形面だけではなく使いやすさ、安全性、耐久性を新しい形・デザインの中に追求したものとなっています。

徳田石材
一隅霊稜
西安霊苑
墓石墓地
のお話