墓石、墓地のお話

墓石材の産地
自信を持ってお薦めできる代表的な名石です
アフリカ
黒みかげです。黒みかげとしては、今日本で一番多く使用されています。風化しにくく、つやも美しい黒系統の墓石材の標準とされています

インド
黒みかげです。お釈迦様の国から輸入されているということで好まれています。品質、等級などはマチマチですが、アフリカ材とならんで用いられています。

スウェーデン
黒みかげの代表選手としてよく知られています。しかし、最近はあまり取れなくなり量が少なく価格も高いものになってきました。

韓国
主として白みかげが知られています。感じは日本産のものに近く、価格も手ごろなのでよく使われています。

ポルトガル
白みかげです。石が硬く、水を吸いません。従って風化しにくく墓石材として優れています。

その他
イタリア、ウルグアイ、中国、アメリカ、オーストラリアなどからも黒、赤、白の石が輸入されています。
伊予大島石(愛媛県)
淡青色の石で、硬質で変化しにくく均整の採れた美しいみかげ石です。西日本方面、特に関西で高い人気を誇っています。

庵治石(香川県)
淡い黒系の石で、微細粒かつ硬質で均整のとれた美しいみかげ石です。磨いて浮かび上がる石目の美しさに定評があり、世界最高級石材とされています。

徳田石材
一隅霊稜
西安霊苑
墓石墓地
のお話