墓石、墓地のお話

墓石の種類
和型墓石
日本のお墓の伝統的な形で、もっともポピュラーなものです。形状は角型で、竿、上台、中代、芝台というように積み上げられています。この変形として、竿の上に屋根がついたり竿の下に蓮華台がついたりしたものもあります。
洋型墓石
最近では外国のお墓を手本にした横型のお墓が多く見られるようになりました。形状は、横に広く奥行が薄いもの。俗にオルガンといわれる前面の上部に傾斜のついたものなどがあります。これら洋型のお墓は芝墓地などに多くみられます。
モニュメント墓石
将棋の駒を形どったもの、ピアノの形をしたもの、汽車の形をしたものなど、故人の生前の好みを表したものがあります。また、自然石をそのまま使った例もみられます。お墓は、故人の歴史の証明ですから、それぞれ個性が見られ自分の考えと環境との調和によって建てられます。

五輪塔 舞台付 蓮華台付 燈篭付
優久T 尊拝U 尊拝T
紫園U 紫園T
優久V
汽車 バイク ピアノ

徳田石材
一隅霊稜
西安霊苑
墓石墓地
のお話